テンピュールが持つ特徴

  • 2013/02/08(金) 09:00:00

◆テンピュールの特徴
テンピュールという寝具、実際にテンピュールにはどのような特徴があるのでしょう。

・体圧分散

テンピュールの素材は体温と体重を感知して、体をゆっくりと沈ませながら支えてくれます。
これはテンピュールがオープンセル構造で出来ている、特殊粘弾性ポリウレタンフォームで出来ているからで、体の凹凸形に合わせてテンピュール自体も形を変化させていきます。

それが体圧を一点集中ではなくて、分散して体全体にかかる様にして、体にかかる負荷を軽減させてくれるのです。
また体の形に合わせて素材が変化しますので、首や体、背骨が適切かつ理想的な状態を保持してくれるのです。
このような特徴は、他のウレタンフォームには有りませんので、テンピュールならではの特徴となります。

・耐久面

テンピュールは安くないので、その耐久性と言うのは気になる面だと思います。
テンピュールは高密度フォームとなっており、耐久性は抜群です。
保証期間も枕で3年、マットレスで15年も付いているみたいなので、安心ですよね。

・衛生面

寝具は毎日使用しますが、なかなか洗う事が出来なくて、意外と不潔になりやすい物であると言えます。
しかしテンピュール素材は、元々抗菌処理がされている為に細菌が発生しません。
したがって、清潔な状態を保持する事が可能となるのです。

テンピュールについての歴史

  • 2013/01/08(火) 18:15:06

テンピュールは1991年に、デンマークの工場で大規模生産が出来る様にまでなり、枕やマットレス、クッションといった、主に寝具の製品で一般に提供されるようになりました
それ以降、テンピュールの製品は世界中の人々に愛される商品へと、変化していったのです。

テンピュールの歴史
をひも解いていきますと、1970年にあのNASA(米国航空宇宙局)に有るエームズ研究センターによって、テンピュール素材の原型となる物が開発されました。
テンピュールというと、寝具となるイメージが定着していますが、元々テンピュールが開発された目的は、NASAが開発したという事もあり、宇宙関係にあるのです。

ロケットを打ち上げる際、乗っている宇宙飛行士にはかなりの加速重力がかかると言われており、これが身体にとても負担がかかる物らしくその負担を緩和させ、それと宇宙船の中にある座席の座り心地を、快適にしようと言う事から開発されたそうです。

但しこのテンピュールを開発する技術は、宇宙ロケット用の小規模生産だけではなくて、その後は医療向けに利用される様になっていったそうです。
でも当初は医療現場でも特殊な場合のみ使われていたみたいでした。

その理想的な素材を、一般に広めて行く事が出来ないのだろうか、と言う事が考えられていき、更に一般向けに開発を進めて行く様になったそうです。

micacoのインスパイリングエクササイズ

  • 2012/11/14(水) 11:01:30

産後ダイエットに適した時期は、出産してから6ヶ月間くらいまでの間といわれているようで、この期間は体に脂肪がついてしまっていても、流動的な為に体重をダウンしやすいのだそうです。
この痩せやすい時期に頑張れば、通常よりも楽に体型を戻す事が出来るのです。
せっかくのチャンスを活かしましょうね。

このように産後ダイエットに最も効果がある6ヶ月間の間に、ガードルやショーツ、ウエストニッパーなどを活用し、それと並行してエクササイズ等もしてみましょう。
そして中期、後期へと時期が過ぎるにつれて、徐々にシェイプ力の高いガードルやショーツ、ウエストニッパー等を使用して、骨盤の引き締めと同時に脂肪もおさえると効果的です。

骨盤のゆがみや体のゆがみを整える事で、驚異的なダイエット効果を得られるというmicacoさんの「インスパイリングエクササイズ」というエクササイズが話題ですね。
micaco 5スリミングショーツを着けて、1日10分ででき、しかも特別に難しいことは行わないエクササイズなのに、効果はテキメンというところが、口コミであっという間に広がり、大ヒットのエクササイズとなっています。

「インスパイリングエクササイズ」の効果の凄さは、竹内結子さん、青木さやかさん、さらにジャガー横田さんが実証済です。
また、micacoさんは自身も2人の子を持ち、自らのボディラインも復活させているそうですよ。

半身浴の効果

  • 2012/08/07(火) 09:00:00

私たちの体は冷えることによって体に様々な支障をきたし、病気の原因ともなります。
体が冷えることによって、体の新陳代謝が悪くなり、体内に毒素が蓄積されていきます。
半身浴をして体を温めて冷え性を改善することで、体内に溜まった毒素を排出することができます。

半身浴をすると体の様々な症状を改善する効果があります

まずは先ほども話しましたように「冷え性の改善効果」が挙げられます。
38℃くらいのお湯に20分から30分ゆっくりと浸かって体を芯から温めます。
夏場の冷房などによって冷えた体にも有効に働きます。
そのほかにも次の効果があります。

・便秘改善効果
・夏バテ
・高血圧
・肩こりや頭痛
・痔の改善効果

くつろぎの半身浴

  • 2012/07/07(土) 16:41:17

半身浴はその名の通り、体の半分である下半身部分だけをお湯に浸かるという入浴方法です。半身浴が体にとっていいとされているのには理由があります。
普段何気なく浴槽に入るとき、私たちは肩までお風呂に浸かります。

この状態で入浴している体には約520キロもの水圧がかかると言われています。
これはお湯の中に首まで浸かった場合でウエストが3cmから5cm、胸囲では約2cm縮むくらいの圧力ということになります。
体にこれだけの圧力を受けるため、体内の血液がいっせいに心臓に向けて戻っていきます。
そのため心臓が拡大してしまい肺にも大きな負担がかかってしまうのです。

これが半身浴にすると、この圧力を体にかけることなく心肺機能にも負担をかけることなく入浴できるのです。
重力によって下半身にたまった血液も水圧で心臓に戻して体を横にしたのと同じくらいの安全な状態を保つことができます。
そのため半身浴は体への負担が少ないので、ゆっくりと長時間入浴することができ、体を芯から温めることができます。
芯から温めたぽかぽかの体は、湯ざめもしにくいため、肩こりや冷え性なども軽減することができます。

半身浴に効果的なお湯の温度は38℃から40℃くらいです。
それよりも低い温度は不快温度となってしまいます。
逆に熱い温度のお湯の場合交感神経を刺激してしまい高血圧の人にはおすすめできません。
お湯の温度によっては体に反応が出てしまうことがありますから注意が必要です。