くつろぎの半身浴

  • 2012/07/07(土) 16:41:17

半身浴はその名の通り、体の半分である下半身部分だけをお湯に浸かるという入浴方法です。半身浴が体にとっていいとされているのには理由があります。
普段何気なく浴槽に入るとき、私たちは肩までお風呂に浸かります。

この状態で入浴している体には約520キロもの水圧がかかると言われています。
これはお湯の中に首まで浸かった場合でウエストが3cmから5cm、胸囲では約2cm縮むくらいの圧力ということになります。
体にこれだけの圧力を受けるため、体内の血液がいっせいに心臓に向けて戻っていきます。
そのため心臓が拡大してしまい肺にも大きな負担がかかってしまうのです。

これが半身浴にすると、この圧力を体にかけることなく心肺機能にも負担をかけることなく入浴できるのです。
重力によって下半身にたまった血液も水圧で心臓に戻して体を横にしたのと同じくらいの安全な状態を保つことができます。
そのため半身浴は体への負担が少ないので、ゆっくりと長時間入浴することができ、体を芯から温めることができます。
芯から温めたぽかぽかの体は、湯ざめもしにくいため、肩こりや冷え性なども軽減することができます。

半身浴に効果的なお湯の温度は38℃から40℃くらいです。
それよりも低い温度は不快温度となってしまいます。
逆に熱い温度のお湯の場合交感神経を刺激してしまい高血圧の人にはおすすめできません。
お湯の温度によっては体に反応が出てしまうことがありますから注意が必要です。

愛好家が多いアンティーク家具

  • 2012/03/22(木) 10:00:00

アンティーク家具の魅力は、時代や地域、持ち主達の生活感、考えなどみごとに映し出されていることにあると思います。
当時の生活の様子など深く刻み込まれている家具が多いのも、新しい家具には無い魅力だと思います。

アンティーク家具に愛好家が多いのは、家具としての機能や役割だけでなく当時の人々の思想や様子を今に伝えてくれるメッセンジャー的な価値があるからだと思います。

また、天然素材を使っているため環境に優しいという側面も持っています。
アンティーク家具は古くなっても使い続けていけるという魅力や、修繕、お手入れなど物を大切にしていくという思想が背景にあります。

良い家具を長年使い続けるのも環境への配慮に役立っているのも魅力ですし、自分達の物への意識も変わってくると思います。
ここが新しい家具との魅力の差かもしれませんね。

くつろぎのアンティーク家具の魅力

  • 2012/02/22(水) 14:28:35

もし、今インテリアとして家具を購入しようとしているならばアンティーク家具を選択肢の一つとして入れてみてはいかがでしょうか?
アンティーク家具は古くから人々に愛されてきていて、独特の味わいがあります。

くつろぎスタイル
のできる家具を提案しています。きっと満足のいく家具と出会えるはずだと思います。
それが、大切な家に長く置こうとする家具であればなおさらだと思います。

アンティーク家具とはそもそも「骨董品」という意味を持っていますが、くつろぎがありますし、現在でも十分に使える家具はいっぱいあります。
また、アンティーク物は重厚感もあり、装飾も華麗でこっていて、現在の家具には出せない味わいがあります。

アンティーク家具の魅力
は、時代や地域、持ち主達の生活感、考えなどみごとに映し出されていることにあると思います。当時の生活の様子など深く刻み込まれている家具が多いのも、新しい家具には無い魅力だと思います。

半身浴のおすすめ

  • 2011/12/08(木) 10:00:00

一般的に普段入っている入浴方法の場合、実は体にとても負担を与えているのです。
体の中でも特に心臓や肺に大きな負担を与えるため、これらの器官に病気をもっている人や高齢者などにもあまりよくない入浴方法だったのです。

それが半身浴ならば、心臓や肺に病気をもっている人でも、高齢者でも体に負担をかけることなく安心してゆったりと浸かってもらうことができます。

普通に考えると、全身を肩までお湯に浸かった方が、体を温めることができると思いますが実際はその反対なのです。
半身浴をした方が、全身浸かるよりも体がよく温まってお風呂からでたあとの体もぽかぽかに温まっているのです。
冷え性の人などは特に半身浴をすると、体の冷えが改善される効果があるのでおすすめです。

半身浴のやり方

  • 2011/11/08(火) 10:33:00

健康にいい入浴方法として、最近はよくテレビや雑誌などのメディアで多く取り上げられているのが「半身浴」です。
半身浴をすると、健康にいいことはもちろん、デトックス効果があるとか、ダイエット効果があるとされています。

半身浴のやり方
は、お風呂でお湯の中に胸からしたの下半身部分だけを浸けて入ります。
お湯の温度は人間の体温よりも若干高めの設定で38℃から40℃くらいがベストです。
ここに20分から30分くらいかけてゆっくりと浸かります。
半身浴のためにせっかく胸から下だけ浸かったのに、たった5分くらいで出てしまっては意味がありません。
じっくりとゆっくりぬるま湯に浸かることが半身浴のポイントなのです。