くつろぎの半身浴

  • 2012/07/07(土) 16:41:17

半身浴はその名の通り、体の半分である下半身部分だけをお湯に浸かるという入浴方法です。半身浴が体にとっていいとされているのには理由があります。
普段何気なく浴槽に入るとき、私たちは肩までお風呂に浸かります。

この状態で入浴している体には約520キロもの水圧がかかると言われています。
これはお湯の中に首まで浸かった場合でウエストが3cmから5cm、胸囲では約2cm縮むくらいの圧力ということになります。
体にこれだけの圧力を受けるため、体内の血液がいっせいに心臓に向けて戻っていきます。
そのため心臓が拡大してしまい肺にも大きな負担がかかってしまうのです。

これが半身浴にすると、この圧力を体にかけることなく心肺機能にも負担をかけることなく入浴できるのです。
重力によって下半身にたまった血液も水圧で心臓に戻して体を横にしたのと同じくらいの安全な状態を保つことができます。
そのため半身浴は体への負担が少ないので、ゆっくりと長時間入浴することができ、体を芯から温めることができます。
芯から温めたぽかぽかの体は、湯ざめもしにくいため、肩こりや冷え性なども軽減することができます。

半身浴に効果的なお湯の温度は38℃から40℃くらいです。
それよりも低い温度は不快温度となってしまいます。
逆に熱い温度のお湯の場合交感神経を刺激してしまい高血圧の人にはおすすめできません。
お湯の温度によっては体に反応が出てしまうことがありますから注意が必要です。